電動低床大型フルフラットバスの試走評価を実施
~「平成23年度環境省のチャレンジ25地域づくり事業」の一環として~

三菱総合研究所
2011.12.16

プレスリリース

株式会社SIM-Drive
神奈川中央交通株式会社
京浜急行バス株式会社
JFEエンジニアリング株式会社
株式会社三菱総合研究所

「平成23年度環境省チャレンジ25地域づくり事業」の一環として、株式会社SIM-Drive(神奈川県川崎市 代表取締役社長 清水 浩)、神奈川中央交通株式会社(神奈川県平塚市)、京浜急行バス株式会社(東京都港区)、JFEエンジニアリング株式会社(東京都千代田区)、株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区)の5社は、電動低床フルフラットバス(以下「電動バス」)を、実際の営業バス路線と同じルートで試走・評価し、改良点・課題の把握、事業性・採算性・波及性等の検証等の事業を、共同で実施いたします。
検証にあたっては、バス事業者の観点から導入の経済性や運用性、運転者の操作性等を評価するとともに、公募モニターに試乗をしてもらい、利便性や快適性、安心感等の利用上の様々な評価を行います。この結果を総合的に捉えた上で、実用性・事業性・採算性の検証を行い、電動フルフラットバスの社会普及戦略を、技術面やバス事業者の営業面、利用者側の観点を交えて検討・構築します。

なお、本電動バスは、これまでのディーゼル車の駆動系をコンバートしたものとは異なり、まったく新しい概念にもとづく車輌です。かつて慶應義塾大学で開発した電気自動車「Eliica」の概念を、バスに応用したものです。小径のタイヤ8個に1個ずつモーターを取り付け、バッテリーやインバーターを床下に格納する集積台車という技術を特徴としております。これにより、環境への配慮はもちろんのこと、低床かつバリアフリーを実現できました。
また、将来の中距離路線走行に向けた充電インフラを検証するため、本電動バスの充電には、JFEスーパーラピダスを使った超急速充電システムを採用していきます。

モニター受付およびお問い合わせ等については、以下のホームページをご参照ください。

http://www.mri.co.jp/evbus-monitor

お問い合わせ先

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
〒212-0032 神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 KBIC(かわさき新産業創造センター)
株式会社SIM-Drive 企画部
電話:044-201-1014 E-mail: contact@sim-drive.com

【JFEスーパーラピダスを使った超急速充電システムに関するお問い合わせ先】
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室
電話:045-505-8953 E-mail: oyama-sawako@jfe-eng.co.jp


ページトップへ戻る