【三菱総研セミナー:大阪開催】未来を拓くAI・デジタル革命とマテリアル革命
~社会課題起点のイノベーション創出~

三菱総合研究所
2018.03.07

■開催日
2018年4月9日(月)13:30~15:30(開場13:10) ※終了しました

■会場
アプローズタワー13階貸会議室1・2号室 [会場地図]
(梅田:大阪市北区茶屋町19-19)

■主催
株式会社三菱総合研究所

■概要
日本を含む先進諸国では、少子高齢化、格差拡大などが切実な社会課題となっています。また、世界全体では、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals) の実現が求められています。これら国内外の社会課題の解決は、新たなイノベーションやビジネスを創出するチャンスと考えられます。
本セミナーでは、社会課題をビジネスにつなげるポイントと、それを両輪で実現するデジタル革命とマテリアル革命について、最新の動向、ビジネスや社会へのインパクト、日本企業が勝ち残るためのヒントについてご紹介いたします。また、講演後に、テーマ別のセッションを設け、各講師と参加者の皆さまで意見交換を行います。

プログラム
■講演1 「社会課題の解決でピンチをチャンスに!」
株式会社三菱総合研究所 常務研究理事 大石善啓
課題先進国である日本。世界に先駆けた社会課題の解決が、ビジネスチャンスを創出し、新たな成長のエンジンになることが期待されます。われわれを取り巻く環境変化やメガトレンドを俯瞰すると共に、解決するべき社会課題を体系化し、明るい未来社会と更なる成長の実現に向けたシナリオをご紹介いたします。
■講演2 「AI・デジタル技術がもたらすゲームチェンジと未来社会」
株式会社三菱総合研究所 先端技術研究センター長 比屋根一雄
AI・デジタル技術の最新動向と、それがいくつもの産業界にもたらすと予想され、すでに始まりつつあるゲームチェンジ、そしてわれわれの社会生活にもたらすインパクトや懸念についてご紹介いたします。
■講演3 「未来社会を実現するマテリアル革命
~デジタルイノベーション時代のモノづくり産業の勝ち残り戦略~」
株式会社三菱総合研究所 研究理事 亀井信一
デジタル社会におけるマテリアルの重要性と、高度な情報科学を駆使するマテリアルズ・インフォマティクスにおいて、日本企業が強みを活かし、勝ち残るための戦略についてご提案いたします。
■テーマ別セッション
3つの講演テーマ(社会課題とビジネスチャンス、AI・デジタル革命、マテリアル革命)に分かれてセッションを開催いたします。参加者の皆さまからのご質問にお答えしながら、意見交換や、実践的な取り組み事例についてご紹介いたします。ご関心のあるセッションにご参加ください。
※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
申込要領
対象者
  • 企業の経営企画部門、新事業開発部門、研究・技術企画部門、研究開発部門、新商品開発部門、IT部門のご担当者
  • 報道・メディア関係者
定 員 70名
参加費 無料
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
セミナー事務局 (担当:成瀬、石田、田村、本田)
電話:03-6705-6091 メール:seminar327@ml.mri.co.jp


ページトップへ戻る