【第6回 三菱総合研究所 MiRaIセミナー】 『国土強靭化と都市レジリエンス』 災害への強みを伸ばす都市マネジメント

三菱総合研究所
2013.10.24

開催日

2013年10月24日 (木) 14:30~17:00(開場14:00~)

会場
株式会社三菱総合研究所 4階大会議室CD  [会場地図]
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)
※駐車場のご用意はありませんので、お車での来場はご遠慮願います。
概要

主催:株式会社三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部
プラチナ社会研究会(事務局:三菱総合研究所)

(株)三菱総合研究所では、私たちを取り巻く社会の多様な課題に対し、多面的な視点で取り組むことが重要であると認識し、「三菱総合研究所 MiRaIセミナー」を開催致します。
本セミナーは、市民生活や企業活動において今後重要となる社会・経済分野のテーマを取り上げ、三菱総研の研究者による情報提供とともに、有識者や聴講者を交えて、テーマに沿って議論する場を設けようとするものです。

東日本大震災以降、「国土強靭化計画」の議論が進められ、東京オリンピック誘致では「安全」が成功要因の一つとなりました。第6回目のセミナーでは、『都市レジリエンス』を焦点にあてて、災害環境や関連政策の動向を解説した上、三菱総合研究所が開発した都市レジリエンス評価指標、災害を考慮した公共施設の管理方法をご報告させていただきます。その後、参加者の皆様からご意見・ご質問を募集し、パネルディスカッションを行います。

本テーマにご興味をお持ちの企業・行政機関・研究機関の皆様のご参加をお待ちしております。

【講演内容】

災害大国日本において、都市が将来にわたり、国際競争力を発揮しつつ、豊かな市民生活を維持するには、災害に対する都市の強みを伸ばし、弱みを克服していくことが求められます。
第 I 部では三菱総合研究所からの報告として、日本の都市を取り巻く災害環境と政策動向を解説した後、「都市レジリエンス評価指標」を用いて国内外主要都市を比較し日本の都市の強みを明らかにします。また、公共施設の老朽化に伴う更新・再配置の課題に対して、災害時の役割を考慮した合理的な管理方法をご紹介します。
第 II 部のパネル討議では、日本の都市が目指すべきレジリエンス強化の姿や国、地方公共団体、企業、市民に期待される役割等について議論を深めたいと思います。

プログラム
14:00 受付開始
14:30~14:35 開会
14:35~15:10 第 I 部
講演 「都市を取り巻く災害環境と政策動向」

野邊 潤 (株)三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部長
15:10~15:45 講演 「都市レジリエンス評価指標─日本の都市の強みは何か─」
木根原 良樹 (株)三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部 主席研究員
15:45~16:20 講演 「公共施設の更新管理─老朽化における賢い方法─」
川口 荘一 (株)三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部 主席研究員
16:20~16:25 休憩
16:25~16:55 第 II 部
パネルディスカッション「都市レジリエンス強化の姿と役割」

【パネリスト】
野邊 潤 (株)三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部長
木根原 良樹 (株)三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部 主席研究員
川口 荘一 (株)三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部 主席研究員
17:00 閉会
※会場での録音、写真撮影はご遠慮ください。

申込要領
対象者 本テーマにご興味をお持ちの企業・行政機関・研究機関にお勤めの方
参加費 無料
募集人数 50名
申込方法 本セミナーは終了しました。
参加証 開催の約1週間前に、お知らせ頂いたメールアドレスに「参加証」をお送りしますので、印刷して当日会場へ、お名刺1枚とともにご持参下さい。
お問い合わせ先

株式会社 三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
セミナー事務局 (担当:岩波)
電話:03-6705-6406 メール:seminar012@mri.co.jp


ページトップへ戻る