AIやロボットを活用したサービスを ─行政問い合わせ窓口の実証実験開始 
※本セミナーは報道関係者のみご参加いただけます

三菱総合研究所
2016.09.09

■配布資料
資料の閲覧にはパスワードが必要です。
パスワードをご存じでない報道関係者は、【こちら】よりご登録をお願いいたします。ご登録後、パスワードをお知らせいたします。

  1. ※パスワード画面が表示されない場合は、右クリックして当ファイルをコンピューターに保存の上、ご覧ください。

■開催日
2016年9月13日(火)11:30~12:30(開場11:15)

■会場
株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室 [会場地図]
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)

■概要
人工知能(AI)やロボットの進化とともに、それらを活用したサービスが注目されています。弊社ではさまざまな課題に対して、AIやロボットを活用したソリューションを提案していますが、今回、行政支援サービスの提供に取り組みました。民間企業では、AIを活用した問い合わせサービスは既に始まっていますが、行政での取り組みはこれからです。 近年、多様化する住民ニーズに応えるため、行政制度は複雑になり、住民にとってわかりにくいものとなっています。一方、多くの自治体では財政難のために、職員の増員による住民サービスの向上は難しく、退職するベテラン職員のノウハウ継承なども課題となっています。
AIやロボットを活用すれば、今まで以上にきめ細かくタイムリーな行政サービスを、職員の負担を増やすことなく効率的に提供できます。弊社では、新たな行政サービスを実感できる子育て分野での問い合わせ対応業務から実証実験を開始しました。今回の実証実験の成果をもとに、2017年4月をめどに本格サービス化を検討します。 今回のメディア意見交換会では、本実証実験の狙いや今後の展開可能性などをご紹介し、実証試験の状況もご説明する予定です。ぜひともご参加いただきたく、ご案内いたします。

プログラム
11:30~12:00 プレゼンテーション
社会ICT事業本部 主席研究員 村上文洋
  1. AIによる問い合わせ対応支援サービスの狙い
  2. インテリジェント自治体の展開イメージ生産性向上の新しいアプローチ
  3. サービスイメージ筋のいいIoTサービスの作り方
  4. 実証実験の概要筋のいいIoTサービスの作り方
  5. デモンストレーション
12:00~12:30 質疑応答
お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所 広報部
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
電話:03-6705-6000 メール:media@mri.co.jp


ページトップへ戻る