Phronesis 19:人生100年時代の医療
「患者主体」を実現するイノベーション(2018年9月発行)

編集顧問 小宮山宏

日本は「国民皆保険」「フリーアクセス」「診療報酬制度」の三つの医療システムによって支えられ、世界一の長寿社会を実現した。だが、健康・医療に関するさまざまな外的、内的要因が変化した結果、持続的な医療は危機的な状況を迎えている。こうした社会変化に従来のシステムで対応することは難しく、結果として医療財政にしわ寄せが生じている。

患者の立場にたてば、夜間や休日には診療が受けられない、複数の診療科をたらい回しにされた挙げ句、結局のところ原因もよくわからない――。といった医療サービスの現状への不満は大きいだろう。これらの問題を解決するためには、サービス提供側に頼るだけでなく、患者自身も医療に自ら参加することが必要であり、欧米ではこうした「患者主体の医療システム」の考え方に基づく仕組みづくりに積極的に取り組んでいる。

本書では、米国、オランダ、エストニアの事例研究や国内外の識者へのインタビューなどから、日本固有の問題を解決する四つのイノベーションを提案している。革新的技術に依存することなく、既存技術を組み合わせ、患者自ら医療サービスに参加することで、より低廉かつサステナブルな“未来の医療”が実現できるだろう。

サイズ
A4変形判
ページ数
132ページ
発売日
2018年9月12日
定価
1,667円(+税)
発行
ダイヤモンド社

目次

Opinion from Phronesis
イノベーションが生まれる場所
理事長|『フロネシス』編集顧問 小宮山 宏
Cover Story
患者主体の医療システムとは何か(吉池・奥村)
Phronetic Leaders
患者起点の医療データイノベーション
中央大学 教授 真野俊樹
医療現場を変革するコミュニティシップ
マギル大学 教授 ヘンリー・ミンツバーグ
Interview
人生最期の10年をよりよく生きるための在宅医療
悠翔会 理事長 佐々木淳
MRI Report
ヘルシックス――ERから行方不明者探しまで広がる医療ビッグデータ活用(吉池)
ルビコンMD――医療へのアクセスを民主化し専門医の知見をすべての人に(藤井)
オランダ患者連盟――患者主体の医療を患者視点で実現する(山口)
オランダ保健・福祉・スポーツ省――使う側が参画する医療データインフラの構築(奥村)
MRI Perspectives
将来の健康が予測できる医療システム(木田)
Phronetic Leaders
「健康関数」を活用し一人ひとりの健康を最大化
理化学研究所 医学博士 渡辺恭良
MRI Report
DUMSCO――ストレスを見える化し生産性向上につなげる(木田)
MRI Perspectives
患者満足度を向上させるコンビニクリニックの可能性(奥村)
MRI Report
リテールクリニック――待ち時間なしで安心価格 アメリカの「軽医療」のいま(藤井)
MRI Perspectives
患者を最適な診療へ導く総合診断プラットフォーム(古場)
Interview
AIは医療をどう変えるか
アイリス 代表取締役CEO 沖山翔
MRI Report
エルピクセル――画像のAI解析を柔軟な開発体制で実現する(古場)
Showcase
ここまで進んだ高度診療ソリューション(藤井)
MRI Report
T-ICU――ICUでの判断、治療を的確にする専門医の遠隔集中治療サポート(藤井)
ハイパースコット――世界を目指す医療革命「スマート治療室」(大山)
MRI Perspectives
病気を抱えて生きる人を医療はどう支えるべきか(吉池)
Phronetic Leaders
健康行動を促す広告医学の未来
東京医科歯科大学 教授 武部貴則
MRI Report
クリーブランドクリニック――世界じゅうの患者がつながる遠隔診療の実現(吉池)
病院薬剤師――薬剤師業務のリエンジニアリング(山口)
セルフケア――自分で健康をマネジメントする総合プラットフォーム(奥村)
Interview
産産連携が実現するスピード感のある技術開発
GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長 多田荘一郎
【当社執筆担当一覧】
プラチナ社会センター 主任研究員 奥村隆一
ヘルスケア・ウェルネス事業本部 本部長 吉池由美子
ヘルスケア・ウェルネス事業本部 主任研究員 藤井倫雅
ヘルスケア・ウェルネス事業本部 研究員 山口将太
ヘルスケア・ウェルネス事業本部 主席研究員 木田幹久
ヘルスケア・ウェルネス事業本部 主席研究員 古場裕司
経営イノベーション本部 主席研究員 大山元

ページトップへ戻る