福島復興学ワークショップ

セミナーカテゴリー

2018.2.28

株式会社三菱総合研究所

開催日 2018年3月21日(水/祝)13:00~17:10(開場12:00)※終了しました
会場 ホテル辰巳屋 8階 瑞雲・宝生の間 [会場地図]
(〒960-8031 福島県 福島市栄町5-1)
主催 福島県・(一財)福島イノベーション・コースト構想推進機構
共催 経済産業省・文部科学省
事務局 株式会社三菱総合研究所

概要

福島イノベーション・コースト構想は、東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、当該地域の新たな産業基盤の構築を目指すものです。廃炉、ロボット、エネルギー、農林水産等の分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組んでいます。
この構想を具体化していく上では、大学を始めとする高等教育機関の研究者の活動との連携が不可欠です。県内外の研究者が、浜通り地域等において、地域特有の様々な課題の解決に取り組んでいます。
福島県では、これらの研究者の方々の活動を広く共有し、福島イノベーション・コースト構想の実現につなげていくため、「福島復興学ワークショップ」を開催することといたしました。皆さまのご参加をお待ちしております。

プログラム

13:0013:15

主催者挨拶

  
13:1514:45

取組事例発表①

原信義 東北大学 理事(震災復興推進担当)
難波謙二 福島大学環境放射能研究所所長
青柳克弘 福島工業高等専門学校副校長

  
14:4515:30

ポスターセッション

会場後方にて実施

  
15:3017:00

取組事例発表②

中野貴志 大阪大学核物理研究センター長
松岡俊二 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
小泉昭夫 京都大学大学院医学研究科環境衛生学分野教授

  
17:0017:10

閉会挨拶

18:30まで交流可

  

申込要領

対象者
  • 福島県内の地域を対象とした研究活動を実施されている研究者
  • 福島県内の地域を対象とした研究活動を今後実施することを希望する研究者
  • 福島県内の自治体職員
定員 100名
参加費 無料
備考 ※本ワークショップは、福島県の「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想研究活動の今後の在り方等に関する調査等業務」の受託企業である株式会社三菱総合研究所が運営を行なっております。

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
福島復興学ワークショップ 事務局
担当:柳川、吉永、義澤、瀧川
E-mail:seminar322@ml.mri.co.jp

参加登録に関する
お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所 セミナー事務局(担当:成瀬、石田、本田、田村)
E-mail:seminar322@ml.mri.co.jp