危機管理・BCP・BCMコンサルティング

リスク顕在化時の有事(緊急時)における事業と企業の存続のための危機管理策を、経営管理上の重要な管理技術として総合的に支援します。

概要

企業の危機管理(クライシスマネジメント、Crisis Management)体制を総合的に整備し、危機管理策の一環としての事業継続計画(Business Continuity Plan、BCP)の策定、事業継続マネジメント(Business Continuity Management、BCM)の導入を支援します。

事業の遂行上、回避不可能なリスクは保有せざるを得ず、影響が大きなリスクが顕在化する事態に備えた危機管理体制を事前に備えておくことが重要です。危機の発生を前提とし、その影響を最小限に抑えるための意思決定の実現、メディア対応等に代表されるステークホルダー対応、中核となる重要業務(優先業務)の維持および継続を図るための体制・手法は、組織の仕組みとして事前に準備し、組織へ定着させておくことが必要です。

平常時と緊急時(有事)のマネジメントシステムは異なります。緊急時には、限られた時間の中で、組織の優先順位に従い、企業責任を果たすと同時に、市場・取引先からの要請に応えるため、迅速かつ円滑な情勢の把握、経営トップダウンの意思決定力の実現、共通の目標(組織の目的)に立脚した組織対応力を発揮することが求められます。

不祥事や事故、大規模地震等の激甚災害の発生や感染症のまん延(新型インフルエンザパンデミック等)、テロ等の人為的な災害、その他不測の事態に備えるべく、特定の事業計画に対するコンティンジェンシープラン(Contingency Plan、CP)整備はもとより、事象に依存しない経営資源(リソース)へのダメージ結果、依存する外部組織への的確な対応によりレジリエンシー(レジリエンス、regilience)を高める普遍的な危機への対応力を組織へ浸透させなくてはなりません。

本サービスでは、これら一連の緊急時のマネジメントシステム導入支援を通じ、お客様の総合的な組織経営基盤の強化に貢献いたします。

危機管理体制構築支援、BCP策定/BCM支援

特徴

●総合的な危機管理体制の構築支援サービスの特徴
 『具体性のある事前準備・強化、リスクマネジメント支援から継続した危機対応の助言』

  • 経営層・上級幹部職を対象とした危機管理能力を高める訓練プログラムの提供
  • 危機管理・危機対応顧問サービス(ポジション分析、対策・再発防止策の協議)
  • 事業を取り巻くステークホルダーに応じた事前の網羅的かつ十分な危機シナリオの策定
  • メディア対応スキル(広報対応スキル)の習得機会の提供
  • C3I概念(Command〔指揮〕, Control〔統制〕, Communication〔通信〕, Intelligence〔情報〕)の具体化、レポーティングライン、指揮命令系統の整備

●BCP策定/BCM導入支援サービスの特徴
 『お客様とのBCM活動の伴走、本格化する業務バックアップ対応の設計』

  • BCP検証訓練の企画・実施・第三者評価、内部監査のプログラム化支援
  • サプライチェーンの把握・分析と管理スキームの構築
  • BCPの抜本的改定/有事の遠隔地バックアップを含む業務継続対応の具体化、バックアップオフィスの要件検討、選定支援
  • 初動体制の拡充/Summary・History・To Doの3要素を具体化したマニュアル更新
  • BCPと整合性を確保したデータセンターの選定支援、ファシリティ評価に対する助言

主なプロジェクト実績

  • 危機管理体制/危機管理システムの構築 (製造業、サービス業(リース、食品等))、インフラ企業ほか)
  • 危機管理研修・トレーニング・総合訓練(製造業、食品、インフラ企業ほか)
  • 危機発生時の対応サポート(製造業、サービス業ほか)
  • 危機管理顧問サービス(食品、インフラ企業ほか)
  • 安全管理、事業影響評価、事業継続基盤の整備支援(電力・ガス・鉄道・空港等インフラ企業)
  • インフラ設備災害時の事業継続基盤の整備支援(情報通信業)
  • BCP策定・BCM導入/BCP検証支援(金融、医薬、化学、精密機械、総合電機、食品、商社、資源ほか多数)
  • 業種・業界動向を踏まえたBCP/BCM整備状況の評価支援(金融ほか)
  • バックアップオフィス選定支援(金融ほか)

関連資料


お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る