医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス

医療業界におけるクラウドサービスの利活用促進を目的として、厚生労働省、総務省、経済産業省のガイドラインの要求事項に対して、対象とするクラウドサービスの対応状況を確認・整理した結果を『医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス』として公開しています。

医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンスとは?

近年、クラウドサービスは急速に普及しつつあり、大企業、中堅企業、中小企業のさまざまなビジネスシーンにおいて活用されています。ただし、病院等を含む医療機関においては、取り扱う個人情報の性質や非常時を想定した医療情報システムの可用性確保、および高解像度・大容量化が進む医療画像の取り扱いなどの観点から、特に日本国内でのクラウドの利活用はあまり進んでいない状況です。
そこで、医療業界におけるクラウドサービスの利活用促進を目的として、医療機関に対する次のガイドラインについて、対象とするクラウドサービスの対応状況を確認・整理しました。整理した結果を、ここでは「医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス」と呼んでいます。

なお、上記①、②および③を合わせて「3省3ガイドライン」、上記①、②、④および⑤を合わせて「3省4ガイドライン」と呼びます。

確認・整理済みのクラウドサービスは次の通りです。

医療・介護サービスに求められるセキュリティ要件の検討

株式会社三菱総合研究所では、医療・介護サービスで求められるセキュリティ要件を検討し、対策を支援するサービスを行っています。

  • 医療機関に保管されている医療データへのアクセス、個人のウェアラブルデータおよびそれらを統合したサービス、クラウド上で展開するプラットフォームなどを対象に、さまざまなサービスのセキュリティ評価を行った知見を活かして、セキュリティ要件を整理します。
  • シンクタンクとして医療・介護分野における長年の調査・研究を行い、具体的な事例に精通した経験を元にセキュアなデータ利活用を支援します。

ご質問・ご相談は下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

関連リンク

クラウドサービス対応セキュリティリファレンス(全体像)
医療機関向けセキュリティリファレンス

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等

金融機関向けセキュリティリファレンス

FISC金融情報システムセンター「安全対策基準」

政府・地方自治体向けセキュリティリファレンス

NISC内閣サイバーセキュリティセンター「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」等

関連するサービス


下記お問い合わせ窓口まで

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る