内部統制強化コンサルティング

違法行為や不正等につながる業務上のリスクの洗い出しと、その対策の具体化により、内部統制の強化を支援します。

概要

上場企業は「内部統制」の整備・強化が法律により義務づけられていますが、本来は上場企業に限らず、「健全な企業経営を実現していくために必要な統制は何か?」を各社が考え、実現していくことが求められています。

特徴

内部統制を強化するためのアプローチはさまざまですが、本コンサルティングでは社内規程を軸としてリスクの洗い出しを行い、必要な統制(対策案)を具体化します。

[実施ステップ例]

  1. 社内規程の棚卸し → 社内規程(手順書等も含む)を棚卸しします
  2. 規程の運用実態の確認 → 関係者にヒアリングや業務実態の確認を行います
  3. 課題と改善方針の整理 → 明らかにした内部統制上の課題(リスク)と統制案を整理します
  4. 改善施策の実施 → 優先順位をつけて上記の統制案を具体化します

内部統制を強化することは、業務手順の見直し、新たな社内規程の追加、それらの持続的な運用などの負荷増、コスト増につながるため、取り組みのバランスが重要になります。本コンサルティングでは過去の多数の弊社実績から、どこを重点的に押さえるべきか、どの程度の対策をとればよいか、実施負荷と効果のバランスを踏まえた実効性の高いご提案が可能です。

※上記は幅広く社内全体の統制を確認する前提ですが、一部業務(経理業務だけ、購買業務だけ等)に限定して実施することも可能です。

主なプロジェクト実績

    • 日本版SOX法対応コンサルティング(民間企業多数)
    • 内部統制態勢構築に関するコンサルティング(金融)
    • 経理業務の高度化支援(放送)
    • IT購買業務の高度化支援(製薬)
    • 情報資産管理規程見直し支援業務(金融) など多数

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る