業務量調査/業務改革コンサルティング

業務改革を目的として、業務内容の把握、定量的な業務量調査を行います。

概要

市場環境が厳しくなりトップラインが伸び悩む中、限られたリソースで、業務を効率的に推進することが求められています。「働き方改革」も、この議論とは無縁ではありません。定量的に把握した業務量などに基づき、業務効率化や働き方改革といった業務改革を実現するためのコンサルティングを行います。

特徴

本コンサルティングは以下のステップで実施します。

  1. 分析対象業務の特定
    → 特定業務から、幅広く網羅的に実施することまで可能です。
  2. 分析対象業務の詳細把握
    → 社内規程の確認や担当者へのヒアリングで詳細を把握します。
  3. 【業務量調査の場合】業務量の把握
    → 対象業務の業務量をアンケート、観察(計測)等により把握します。調査規模によっては専用ソフトウェアを導入する等、調査対象者の負荷を高めずに、実態を可能な限り正確に把握する手法を採用します。
  4. 改善点の整理
    → 業務分析や定量調査の結果、どこに改善点があるかを整理します。必要に応じて人員の適正配置にも踏み込みます。
  • ※大規模な業務量調査の場合、調査実施時に調査対象者からの質問が集中する場合があります。そうした質問を受け付けるコールセンターを当社で用意することも可能です。

主なプロジェクト実績

    • 体制整備に関する調査(社団法人)
    • 業務量調査・業務改革効果検証(金融)
    • 間接業務改革(建設)
    • 業務量調査(金融)
    • 適正要員算定(不動産) など

お問い合わせ窓口

お電話はこちら
TEL: 03-6705-6300
FAX: 03-5157-2165

ページトップへ戻る