HACCPナビ

HACCPナビ

日本の食品安全レベルの、より一層の向上を目指して

POINT

HACCPは、食中毒などの被害を防ぐために有効な食品製造などにおける工程管理手法です。しかし、企業にとってはその導入・運用が大きな負担となる場合があります。本来であれば日本の産業競争力強化を支えるはずの取り組みが、結果的に経営を圧迫し、形骸化してしまう恐れもあります。
当社は、これまで日本の食品安全の標準化を進める事業に深くかかわってきました。これらの経験を活かし、食品安全レベルを確保しつつ、HACCPや食品安全マネジメントシステムの効率的かつ効果的な導入を実現するツールとして、HACCPナビを開発しています。

サービスの特徴

HACCPナビは、「文書作成支援」「ハザードデータベース」「記録支援」の3つの機能を備え、総合的にHACCPや食品安全マネジメントシステムの導入・運用をご支援します。
図 HACCAPナビの特徴
出所:三菱総合研究所

紹介動画

※音量にご注意ください。

その他の特徴

ガイド機能により、規格の要求項目に応じた文書作成が容易に
安全管理にあたって特に重要な文書を作成するステップでは、判断をサポートするヒントを参照しながら入力ができます。
自社製品の原材料情報、規格・基準、管理方法を予めマスター化し、効率的な入力が可能
よく記入する情報をあらかじめ登録いただくことで、必要な時に呼び出して、効率的に文書・帳票を作成できます。
厚生労働省、業界団体などが作成した手引書を参照、または編集して自社プランを作成
厚生労働者や業界団体が作成した手引書を予め登録しています。手引書にもとづいた適正なプランなどの作成が可能です。
フローダイヤグラムを簡便に作成、大規模なフローも作成可能
工程の挿入・移動・削除、工程を結ぶ矢印などを簡単な操作で作図できます。
他システムからデータ取込みが可能
食品業界で普及している商品規格・仕様情報管理システムや商品表示情報作成支援システムなどからCSV出力したデータを取り込む機能を完備。

利用環境

遠隔の事業所や工場からも随時、記録、モニタリング、情報共有
インターネットに接続できるパソコンなどがあれば利用できます。クラウド上で、自社工場や事業所間はもちろんのこと、取引先ともHACCPプランや記録などを共有することが可能です。
図 遠隔の事業所や工場からも随時、記録、モニタリング、情報共有
出所:三菱総合研究所
HACCPPナビ サービス紹介・申込ページ

よくある質問

Q どのような食品に対応しているでしょうか?

A 特定の食品に限定していません。HACCPナビは、多くの食品等事業者さまにご利用いただけます。

Q 使用料はいくらでしょうか?

A 年間204,000円(税抜き)からご利用いただけます。詳細はお問い合わせください。

Q 操作方法を教えてもらえますか?

A セミナーや講習会を開催する予定です。詳細はお問い合わせください。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション