再生可能エネルギー出力抑制評価

リーフレットダウンロード

再生可能エネルギー出力抑制評価

再生可能エネルギー発電設備の出力抑制評価レポートの作成

POINT

事業期間が長期にわたる再生化のエネルギー発電事業のファイナンスを組むには、出力抑制評価のレポート取得が不可欠となってきています。当社は、これまでのノウハウを活かして独自に開発したMRI出力抑制評価モデルを用いて分析を行い、発電事業者様のファイナンス構築を支援します。

サービスの特徴

当社独自の出力抑制評価モデルによる出力抑制評価レポートの提供

固定価格買取制度に基づき、再生可能エネルギーの発電事業者は20年間にわたって固定価格での電力の買取が約束されていますが、太陽光発電が大量に導入されたことにより、今後は無制限・無保証の出力抑制を受けるリスクが高まってきています。
ファイナンスを組むにあたっては、この出力抑制リスクを定量的に評価することが求められる中、当社ではこれまでのノウハウを活かして独自に開発したMRI出力抑制評価モデルを用いて分析を行い、発電事業者様のファイナンス構築を支援します。
当社のレポートの強みとしては、「豊富な調査経験を活用した信頼性の高い将来モデルの策定」「現行ルールを忠実に再現しつつ常に最新の知見を反映させたモデルの活用」「金融機関からの高い信頼に基づく豊富な評価実績」が挙げられます。
また、エリア全体の需給制約に起因する出力抑制だけでなく、北東北エリアの暫定連系時に生じうる送電線熱容量制約に起因する出力抑制についても評価可能な潮流計算モデルを有しています。
図 需給シミュレーション・抑制量評価
出所:三菱総合研究所

サービスメニュー

1.需給制約による出力抑制評価レポートの作成

エリア別・再エネ種別に、事業期間中の出力抑制リスクを定量的に分析し、金融機関の評価に耐えうるレポートを提供いたします。 

2.系統制約による出力抑制評価レポートの作成

東北北部エリアの募集プロセス案件に関して、系統整備が完了する前の暫定連系期間中に生じる、系統制約による出力抑制リスクを定量的に分析し、金融機関の評価に耐えうるレポートを提供いたします。 

3.卸電力価格の見通し提供

需給制約による出力抑制評価の結果として、時々刻々の火力発電のマージナルコストが算出されるため、これをもとに将来の卸電力価格の見通しを提供可能となります。 

実績のご紹介

・これまで100ケースを超える依頼を実施済み
・北海道・東北・北陸・中国・四国・九州の6エリアの評価実績あり
・東京エリアを対象とした簡易評価実績もあり
・抑制対象電源(太陽光発電・風力発電・バイオマス発電)すべての評価実績あり

よくある質問

Q 依頼をしてからレポートの完成までどの程度かかりますか。

A 最終レポート納品までに要する期間は通常2カ月程度ですが、お急ぎの場合はご相談に応じております。

Q 評価結果レポートに対する金融機関などからの問い合わせにも対応いただけるのでしょうか。

A 金融機関様などからの問い合わせ対応もオプションでご用意しております。金融機関差を交えたお打ち合わせへの同席も可能です。

Q 発電事業の実施主体であるSPCを契約主体にできるのでしょうか。

A 登記済みであればSPC様とのご契約も可能です。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション