リテールAIマーケティング

リテールAIマーケティング

AI×ビッグデータによるOne-To-Oneマーケティングの実現

POINT

金利競争をはじめ、金融機関を取りまく競争環境が激化する中で、金融機関がリテール業務をさらに拡大していくためには、「個々の顧客の状況を正確に把握し、顧客ごとに適切なコミュニケーションを行う、真のOne-To-Oneマーケティングの実現」が重要です。
近年、既存顧客の取引明細を含む膨大な情報を分析し、顧客それぞれのニーズとリスクを加味した上で、顧客の購買ニーズが顕在化する前に適切なローン与信額を算出することを可能にする、人工知能(AI)や高速計算(Hadoop)の技術が実現しています。
当社はこの技術を利用して、金融機関向けに顧客獲得の支援を行っています。 
図 「リテールAIサービス」の概要
図 「リテールAIサービス」の概要
出所:三菱総合研究所

サービスの特徴

新しいビジネスモデル「事前与信」

本サービスでは、事前与信額を提示することによって、キャンペーンのターゲティング精度を向上します。事前与信額とは、借入ニーズが顕在化する前の段階で顧客の潜在的な信用リスクを予測し、それを踏まえた貸し出し可能な金額の推計値です。
既存顧客に対して、いま、最も必要な商品が、事前与信額と合わせてわかります。これをもとに、DM送付やフォローコール、インターネットバンキングへのポップアップ表示などの方法で、顧客と定常的にコミュニケーションを取ることが可能となり、効率的な顧客開拓につながります。
従来のターゲティングモデルを用いた場合と比べて、AIモデルを用いるとヒット率は2倍、さらに事前与信額を提示した先では3倍程度の効果を確認しています。

サービスメニュー

全てのリテール商品(住宅ローン、教育ローン、自動車ローン、カードローン、投資信託など)について、金融機関のマーケティング施策を支援することが可能です。

1.ニーズモデルとリスクモデルの構築

顧客それぞれのニーズとリスクを評価するAIモデルを構築します。 

2.事前与信額の推計

顧客の年収情報などを利用して、顧客それぞれの事前与信額を推計します。 

3.ターゲットリストの作成

施策の対象となる顧客について、リスクスコア、ニーズスコア、事前与信額を付与したリストを作成します。このリストをもとに、マーケティング施策を実施いただきます。 

実績のご紹介

・静岡銀行様などの地方銀行・第二地方銀行で実績があります。

よくある質問

Q リテールAIサービスにはどのような特徴がありますか。

A ニーズモデルとリスクモデルを構築することにより、顧客それぞれの最適な与信額などを事前に算出できることです。リスクモデルには、当社のリテールローン審査モデル構築に関する長年の実績で培われたノウハウが活かされています。

Q サービスを受けるにあたり、こちらで(お客さま側で)データの加工が必要なるのでしょうか。

A 基本的には必要ありません。お客さまが保有しているデータをそのままご提供いただいています。必要な情報に関しましては、状況に応じて、ご相談させていただきます。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション