データヘルス・健康経営

データヘルス・健康経営

ベンチャー企業も含めた幅広い業界におけるデータヘルスの事業化を支援

POINT

データヘルス改革により、2020年度に向けた健康・医療データの利活用基盤の構築が進められており、Society5.0の実現に向けて、ますますデータ利活用の関心が高まることが予想されます。
当社ではデータヘルス政策支援や健診データ・レセプト分析などの実績をもとに、幅広い業界での新ビジネスの創出・支援に力を入れています。 

サービスの特徴

健康寿命延伸に向けた予防の社会実装

健康・医療・介護分野におけるデータ活用は世界の潮流になりつつあります。日本においても「データヘルス改革」により、2020年度から保健医療記録の共有や健診などの健康情報の一元化やAI活用に向けた基盤整備が予定されています。
これにより、幅広い業界でデータを活用した健康新ビジネスの創出、あるいは既存事業の差別化・高付加価値化につながることが期待されますが、成功したビジネスモデルはまだまだ少数です。
当社では、ベンチャー企業も含めた幅広い業界におけるデータヘルスの事業化を支援するため、市場調査、コンセプト設計、事業戦略などのコンサルティングを提供しています。

実績のご紹介

1.データヘルスに関する政策支援

・データヘルス計画の策定支援・データ解析
・データヘルス・ポータルサイトの構築・運用支援
・IoT等を活用した生活習慣病行動変容実証事業

2.データヘルス事業の戦略策定

・データヘルス事業への新規参入調査・コンサルティング
・データヘルス・健康経営に関する調査研究・コンサルティング

よくある質問

Q データヘルス新事業を検討するために重要なポイントは何でしょうか。

A データヘルス分野で成功したビジネスモデルはまだ多くありません。この背景には、この分野特有のピットフォールの存在が考えられます。具体的には、法規制、ターゲット、アウトカム、収益モデルなどが主なもので、それぞれの対策をあらかじめ検討することが重要です。

Q 自社で活用できるデータを保有しているので、健康分野の新規事業を検討したいと考えています。

A その事業を通じて実現したいあるいは提供したい価値は何か、そのために必要なデータは何かを検討することが必要と考えます。データやサービスに加えてプラットフォーム、エコシステムについても検討することが有効です。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション