次世代都市交通

次世代都市交通

自動運転などの新技術を用いた都市交通システムの都市・地域への実装を包括的に支援

POINT

都市機能の集積・更新が続く大都市部での交通混雑・渋滞の緩和、人口減少・少子高齢化の進む地方部でのモビリティの確保など、都市交通について取り組むべき課題はさまざまです。MaaS、ワイヤレス給電、自動運転や人工知能などの新技術を活用した、次世代の都市交通システムの構築が期待されています。 

サービスの特徴

次世代都市交通システム実現に向けた事業推進

次世代都市交通システムを構築していくためには、MaaS、ワイヤレス給電、自動運転や人工知能の活用など技術面の対応に加え、利用者や地域社会の受容面、推進体制・事業収支などの事業面、システム導入対象となる空間構成面、法制度面など、多角的な観点からの総合的な取り組みが必要となります。

サービスメニュー

1.新たなモビリティに関する技術開発の支援

3次元高精度地図、5G通信、ワイヤレス給電システムなど、次世代都市交通システムに関連する新たな技術について、社会基盤および車両・機器の両方の側面から、調査研究、技術開発、実証検討、実用化などを包括的に支援します。 

2.新たなモビリティの都市・地域への導入・実装の支援

自動運転システム、超小型モビリティ、ワイヤレス給電システム、ドローン物流、新たなモビリティの都市・地域への導入・実装について、調査研究、計画策定、実証検討、ビジネスモデル策定、事業運営支援など、包括的に支援します。 

3.新たなモビリティを活用した都市・地域の課題解決の支援

高齢者の生活の足の確保や生活サービスの提供、観光入込客数の維持・増加や周遊性の確保、交通混雑・渋滞の緩和や円滑な移動の支援、新たなモビリティを活用した都市・地域の課題解決について、計画策定、実証検討、ビジネスモデル策定、事業運営支援など、包括的に支援します。 

実績のご紹介

・小型電気自動車によるカーシェアリングサービス事業計画策定(A社)
・人工知能を活用した交通事業・サービスの検討(B社)
・ワイヤレス給電システムを活用した電気自動車サービス検討(C社)

よくある質問

Q 次世代都市交通システム実現のためには、どのようなプレーヤーと協力・連携する必要がありますか?

A さまざまなプレーヤーが協力・連携して取り組む必要がありますが、例えば、関係省庁および地方自治体とともに地域交通事業者(鉄道、バス、タクシー)、自動車メーカー、車載器メーカー、地図事業者、情報通信事業者、電力・エネルギー事業者、都市開発事業者、商業施設、大学・研究機関などが考えられます。当社はこれらのさまざまなプレーヤーと豊富なネットワークを有しており、お客さまの現状・実態、課題・ニーズに応じて必要なプレーヤーとの連携により体制構築のコーディネートを行います。

Q 当社が自動運転車両などの機器を保有しているのでしょうか?

A 当社自身は機器を保有しておりませんが、上記のとおり多様なプレーヤーとの協力・連携により、事業に必要な機器・サービスなどの調達をお手伝いします。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション