ニューノーマル・ウィズコロナ時代を勝ち抜くためのDX

ニューノーマル・ウィズコロナ時代を勝ち抜くためのDX

企業活動のリモート・オンライン化(非対面・非接触・脱労働集約)を支援します

POINT

新型コロナ感染症の拡大に伴い、日本でも生活様式や企業活動が大きく変化しています。
オンライン決済やテレワークの急増など、消費者や従業員に行動変容が起こり、企業は半ば強制的に「ニューノーマル」に適応したDXを迫られる状況にあります。
また、あらゆる国で人の移動や対面が大きく制限され、消費者はリアル・対面からデジタル・コンタクトレス(非対面・非接触)へシフトし、さまざまな企業活動のリモート・オンライン化(非対面・非接触・脱労働集約)が加速しました。社会全体が最先端のデジタル技術を使いこなすのが当たり前になりつつある今こそ、経営者はニューノーマルに適応したDXに早急に取り組まなければなりません。

サービスの特徴

事業環境、人財・組織文化の現状認識を踏まえた実効性の高い変革の実現

ニューノーマルに適応したDXの取り組みは、事業環境や人財・組織文化の現状を認識して進める必要があります。 そのため当社は、お客さまの現状(事業/人財/組織文化)を踏まえ、従業員、業務/システム、顧客・取引先/ビジネスパートナーの視点から、常に変化する顧客・社会の課題を捉え素早く変革し続ける能力を、お客さま自ら身に付けていただくための実効性の高い変革の実現を支援します。

事業・業務のあらゆるシーンを対象とした働き方改革を実現

環境の激変に対応した一時的な従業員の頑張りに頼り続けることはできません。 リモートワークで対面での接触が減ったことにより、例えば、従業員の仕事の様子が見えづらい、従業員の心理状態等の健康状況把握が難しい、オンライン会議等のリモート環境ならではの新しいコミュニケーションスキルが必要になった等の、新たな課題が顕在化しています。 また、リモートワークの推進は緊急事態対応であったため、社内のシステムインフラやセキュリティ等の社内ルール等、さまざまな点で無理が生じており、ニューノーマル時代にふさわしい業務環境の在り方を、抜本的に検討し直すことが求められています。 当社は、最適なデジタル技術の活用によりこれら課題の解決を支援します。

ニューノーマルへの適応後を見据えたカスタマージャーニー変革を伴走支援

コロナ禍以前と比較し非対面志向が強まっているだけでなく、よりコストパフォーマンスを重視するようになる、不要なものを買わなくなる一方で自宅での生活を充実させるものにはお金を使う等、消費者の嗜好や行動に変化が起きつつあります。 また、消費者のこういった変容に合わせて取引先やビジネスパートナーのニューノーマルへの適応が進む中で、業界のバリューチェーン構造やサプライチェーンも大きく変革を迫られると予想されます。 このような状況に短期的に適応するための顧客接点や業務プロセスの改革を支援するとともに、中長期的な競争力の維持・向上のために必要なニューノーマル変革(デジタルシフト)を支援します。
カスタマージャーニー変革の伴走支援のイメージ
出所:三菱総合研究所

サービスメニュー

1.働き方改革(生産性向上/改革・労務環境改善)

a)従業員健康管理

対面接点の乏しいリモートワーク環境下で、身体面、メンタル面の双方に配慮したきめ細やかな従業員健康管理の導入を支援します。また、現場業務が必須の業務領域の従業員に対してもデジタル技術を活用してより一層の健康管理を支援します。
デジタル技術を活用した健康管理と予兆把握(不安や不満の可視化)を行うことで、コロナ禍でも従業員・顧客の安全を守りながら事業継続を可能とすることができます。デジタル環境上での従業員の活動状況やコミュニケーション状況のデータを用いた健康管理のほか、当社で多数実績のある従業員モラルサーベイや、容易に導入可能なバイタルサインモニタリングツールも活用し、重要性が高まっている従業員健康管理の高度化を速やかに実現します。

b)ワークスタイル変革支援

ホワイトカラーだけでなく、オンライン化や非対面・非接触の実現が難しい工場や製造現場においても、変化は待ったなしの状況です。これまで経験、勘、度胸で伝承されてきた匠のノウハウ(例:飲料製品の設計業務等)をデジタル技術の活用やレジリエンスを高める施策の実施によりオンライン化等の実現に道筋を付け、工場や製造現場も含めたワークスタイルの変革を実現します。
また、リモートワークなどオンラインを活用した非対面・非接触でのニューノーマル時代における顧客変化/働き方の変化に対応できる新たなコミュニケーション手法の獲得、効果的なオンライン会議や共有スケジュール等のコミュニケーションツールの整備、コミュニケーションリテラシーの向上など、従来の業務をオンラインに移行させるだけではなく業務の進め方の変革、仕組み等の構築を支援します。

c)業務環境のデジタル化

リモートワークがもはや一過性のものではないことが明らかになりつつある今、システム環境面でさまざまな対応が必要となっています。
特に、喫緊の課題であるサイバーセキュリティの確保に向けて、「ゼロトラスト」の考え方に基づくセキュリティ環境と運用体制の構築を実現します。
また、各業務部門のロケーションフリーを進めるためのインフラ整備・増強(クラウド環境整備、仮想化支援、リモートサービスデスク)も支援します。

2.カスタマージャーニー改革支援

a)ニューノーマルへの適応支援

既存ビジネスのニューノーマル時代への適応を支援します。

顧客接点をデジタル化しただけでは、顧客の高い満足を得て、収益を維持することはできません。顧客の嗜好の変化に対応しながら、顧客への価値提供を支える従来からの業務・システムを見直していくことが求められます。販売やサポートなどのデジタル接点の効果的な拡充を行いながら、営業・マーケティングを中心に自社のリソース配分・活動手法を見直し、さらにサプライチェーンに影響するさまざまな業務改革を実現します。さらに、業務を実施するためのデジタルプラットフォームの構築を支援します。
また、コロナ禍以前と比べて需要も大きく変化しています。商品・サービスのプライシングを動的に変化させるレベニューマネジメントの高度化の取り組みも支援します。

b)ニューノーマル変革支援(デジタルシフト支援)

カスタマー戦略を再構築し、商品・サービス、ビジネスモデルのデジタルシフトの実現を支援します。

デジタル技術の活用により、顧客接点を販売・保守サポートのための接点だけではなく、リアル/デジタルを融合した接点の「場」として捉えることができるようになりました。デジタル空間でのさまざまな体験を積み重ねて嗜好が変化した顧客のカスタマージャーニーを、顧客視点で再構築することが求められます。変化した顧客のニーズを踏まえ、商品やサービスそのものの見直しから顧客への提供まで、デジタル接点/リアル接点をゼロベースで見直することで、ニューノーマル時代にふさわしいカスタマージャーニーの実現を支援します。

実績紹介

  • リモートワークにおける労務管理・コミュニケーション向上(道路会社、製造業)
  • 会議効率の向上(製造業)
  • リモート枠に対応した業務負荷の見直し(金融業)
  • 業務環境のデジタル化対応(ゼロトラストセキュリティ、クラウドID統合管理等)
  • 業務環境のデジタル化対応(ローコード開発基盤の活用)

サービスに関するお問い合わせ

本サービスの詳細についてご興味のある方は、下記よりご連絡ください。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション