ローコード開発基盤を活用したDX推進

リーフレットダウンロード

ローコード開発基盤を活用したDX推進

システム内製化によりスピード開発を実現

POINT

VUCA時代と呼ばれる今日において、将来の予測はますます困難です。日々刻々と状況が変わる環境において、ビジネスを後押しするためには、ITにもこれまで以上に柔軟性と俊敏性が求められます。
このような課題に対する解決策の一つとして、当社グループは、OutSystemsというローコード開発プラットフォームで、お客さま自身によるシステム開発の内製化を支援。開発スピードを高め、DX推進を実現します。

サービスの特徴

伴走型による段階的な支援

システム導入だけでなく、お客さまと伴走型でシステム開発を推進することで、段階的に内製化を支援します。OJT形式によるスキルトランスファーを実施するため、不明点などを随時解消しながら内製化を推進することが可能です。

既存システムとの連携も考慮した実装

OutSystemsには多数のコネクタが用意されています。これらのコネクタを利用することにより、既存システムとの連携も実現します。高額になりがちなパッケージシステムのカスタマイズを使わず、利用者に最適なユーザーエクスペリエンスを提供することも可能となります。
利用者視点のカスタマイズ・高いユーザビリティの実現
利用者視点のカスタマイズ・高いユーザビリティの実現
出所:三菱総合研究所

サービスメニュー

「導入期」「拡大期」「自走期」という3つのフェーズに区切り、お客さまのシステム内製化を推進していきます。
「導入期」「拡大期」「自走期」という3つのフェーズを区切り、お客さまのシステム内製化を推進
出所:三菱総合研究所

1. 導入期

当社グループ開発チームが参画し、ベースとなる環境整備や推進計画のサポートを実施します。

<実施内容>
  • OutSystemsの導入
  • デザイン思考を用いたプロジェクト計画立案&評価支援
  • 標準化ルールの策定

2. 拡大期

お客さまと当社グループ開発メンバーによる混成チームを組み、ナレッジの共有を実施します。

<実施内容>
  • お客さま内での教育カリキュラム準備
  • お客さまチームの一員としてOJTによるスキルトランスファーの実施
  • 運用を含めた引き継ぎ開始

3. 自走期

内製化の締めくくりとして、お客さま自身で開発~運用までの開発サイクルを実施いただきます。

<実施内容>
  • 「テクニカルサポート」「システムコンサルタントサービス」「教育カリキュラム」などのサポートサービスを提供

サービス紹介リーフレット

実績のご紹介

  • オフィスコンピューターのフロントエンドとして活用
    高いユーザビリティとカスタマイズ性を実現
  • 官公庁向けシステム開発にて活用
    開発期間約5カ月という短期間での開発を実現

よくある質問

Q オンプレミス環境での利用も可能ですか?

A はい。オンプレミス、PaaSの2つのパターンから選択いただくことが可能です。

Q OutSystemsの強みは何ですか?

A 開発プラットフォームとしてライフサイクル管理機能まで(バージョン管理やパフォーマンス監視、外部システム連携コネクタなど)すべてそろっていることが最も大きな強みです。複数のツールを組み合わせることなく開発サイクルを回すことができるため、生産性を大きく向上させることが可能です。

ローコード開発基盤を活用したDX推進に関するお問い合わせ

本サービスの詳細についてご興味のある方は、下記よりご連絡ください。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション