防災・危機管理

防災・危機管理

災害・危機への備え、先手を打つための総合ソリューション

POINT

日本は災害と常に隣り合わせであり、私たちは災害リスクから逃れることはできません。当社は、政策立案のための調査研究、災害リスクの予測や影響評価、危機管理計画・BCPの策定など、自然災害をはじめとするさまざまな災害を対象としたリスク対策を支援します。 

サービスの特徴

近い将来、確実に発生するといわれる南海トラフ巨大地震や首都直下地震。気候変動に起因する極端現象や気象災害の頻発化。次なる課題に備え、先手を打つためのプロアクティブな行動を起こすべき時期に来ています。
当社は、地震、津波、風水害、気候変動影響など、将来想定される大規模な自然災害の影響について、データ解析技術と専門的知見を駆使して科学的に評価・分析します。その上で、被害を予防・軽減するための政策立案、防災対策技術や防災情報システムの実証・実装、国・自治体・企業の防災対策やBCP・BCMに関するコンサルティング、大規模イベントの危機管理に関するコンサルティングなどを実施しています。
MRIによる防災・危機管理ソリューション
出所:三菱総合研究所

サービスメニュー

1.防災・BCPコンサルティング

防災計画・BCP策定、訓練支援 

2.イベントセキュリティコンサルティング

大規模イベントのセキュリティ・危機管理に関するコンサルティング 

3.防災政策に関する調査

防災政策や防災技術に関する調査 

4.災害・気候変動シミュレーション

自然災害や気候変動に関する工学的シミュレーション 

5.リスクデータ活用、防災技術実証

リスク情報共有プラットフォームの開発、技術実証支援 

実績のご紹介

・オリンピック・パラリンピック危機管理計画策定(東京都)
・首都直下地震被害想定調査(内閣府)
・BCP策定コンサルティング(官公庁/民間企業 多数)
・災害情報プラットフォーム設計・開発支援(研究機関)
・防災訓練ガイドライン策定(内閣府)
・気候変動適応策検討(環境省)
・防災技術標準化に関する検討(経済産業省)

よくある質問

Q BCP策定を依頼する場合、他社との違いはどのような点にありますか?

A 当社は、国・自治体の被害想定の実績やシミュレーション技術、所有するデータなどを活用し、災害発生によるお客さまの重要拠点・事業への影響や、対策効果について具体的に評価、検証します。検証結果を踏まえて、お客さまの組織・事業の実態に即したコンサルテーションを行います。

Q 成果物は、報告書や計画文書などのドキュメント形式が基本になるでしょうか?

A 計画文書以外に、人材育成のための研修・訓練、組織・ICTツールの設計や開発、防災・減災に役立つ新技術・サービスの導入支援など、幅広く支援しています。ご相談内容に応じたソリューションを提供しますので、お気軽にご相談ください。

Q 防災対策にどこまで投資すれば適正なのでしょうか?

A 予算の制約がある中で、行政機関や企業では防災・減災のための事前投資が進まず、事後の復旧費用として高い代償を支払う状況になっています。持続可能な社会・組織を目指すには、中長期的な視点で災害リスクを捉え、災害発生による組織・事業運営へのインパクトを可視化し、対策の費用対効果を評価していくことが必要です。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション