原子力安全事業本部

事業概要

原子力に関わる課題解決を通じて安全な社会の実現に貢献

2011年3月11日を契機に、原子力を取り巻く環境は一変しました。東京電力福島第一原子力発電所の事故は、原子力利用に対する期待や信頼を失墜させ、現在も廃炉や周辺地域の復興・再生に向けた取り組みが継続的に進められています。

2018年7月に閣議決定された第5次エネルギー基本計画では、原子力発電について、省エネルギー・再生可能エネルギーの導入や火力発電所の効率化などにより、可能な限りその依存度を低減させることがうたわれています。加えて、安全性の確保を大前提に、長期的なエネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源として原子力発電を位置づけ、2030年のエネルギーミックスにおける電源構成比率の実現を目指すとしています。

原子力安全事業本部では、安全性の向上と共に、廃炉や周辺地域の復興・再生に向けて継続的に取り組む官公庁や自治体、原子力事業者をはじめとするお客さまの課題解決を支援し、また今後の取り組みのあり方の提言を通じて、安全な社会の実現に貢献してまいります。

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所 原子力安全事業本部
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
Tel:03-6858-3576
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。