移動革命 MaaS、CASEはいかに巨大市場を生み出すか

移動革命 MaaS、CASEはいかに巨大市場を生み出すか

100年に1度のパラダイムシフトに乗り遅れるな!
立ち上がるモビリティ市場。誰が覇権を握るのか?激動の業界を徹底追跡。

EVや自動運転、ドローンといった技術革新がめざましく進展し、空飛ぶタクシーまで夢ではなくなる一方で、スマホアプリによるタクシー配車やカーシェアリングなどの新しいサービスが次々と立ち上がる現在。ソフトとハードの両面で「モビリティ(移動)」の形が大きく変わるこの機をとらえて、関連する自動車・鉄道・IT業界などでは、一大競争が始まっています。日本の産業界の地図は、今後どのように塗り替えられ、そして私たちの暮らしは、どのように変わっていくのでしょうか? いま起きつつある大変化の実相を解き明かします。

目次

はじめに 立ち上がる巨大市場
序章 2030年代のモビリティ生活
第1章 CASEで占う自動車産業の未来
第2章 MaaSが導く鉄道次世代ビジネスモデル
第3章 産業とモビリティの共創へ
第4章 国家戦略としてのMaaS、CASE
第5章 移動革命が地方創生の切り札になる
終章 街が変わる。暮らしが変わる。
共同研究レポート

詳細

著者
三菱総合研究所【編著】 、中條覚、外山友里絵堀健一高田真吾岩崎亜希【執筆】
発売日
2020.5.11
発行
NHK出版
ナレッジ・コラムに関するお問い合わせや、取材のお申し込み、
寄稿や講演の依頼などその他のお問い合わせにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。