ニュースリリース

社会課題の解決を目指す 『ビジネス・アクセラレーション・プログラム2018』を開催

2018.4.18

三菱総合研究所

POINT

株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長 森崎孝、以下「MRI」)は、革新的技術とイノベーションを活用してビジネスにより社会課題を解決する提案を募る『INCF:ビジネス・アクセラレーション・プログラム2018』を開催します。INCFが重点的に取り組む6テーマに加え、社会課題全般への提案を受け付けます。
これまで以上に応募者・入選者に対するアドバイス、メンタリングを充実し、ビジネス実現の加速を図ります。
MRIは、「100億人が豊かに暮らせる持続可能社会」を実現するため、革新的技術とオープンイノベーションを活用して社会課題の解決策を共創・実現するプラットフォーム “未来共創イノベーションネットワーク ”(以下、INCF) を提唱し、事務局としてその運営にあたっています。 
INCFでは、これまでに「ウェルネス」「エネルギー・環境」「水・食料」「モビリティ」「防災」「教育・人財育成」の6テーマで、3回に分けて「ビジネスアイデアコンテスト」を実施し、延べ約300件の応募を受け付けてきました。本年は、これら6テーマに加えて、社会課題全般に対する提案を広く受け付けることとしました。また、応募者・入選者に対するアドバイス、メンタリング提供を一段と充実し、ビジネス実現の加速を図ります。このため、名称も「ビジネス・アクセラレーション・プログラム2018」に変更し、以下の要領で実施いたします。

4月18日~6月17日:募集期間
6月下旬~7月:1次選考(書類審査)
7月下旬:2次選考(プレゼンテーション審査)
8月中旬~9月上旬:メンタリング
9月18日:最終審査会(「ビジネス・アクセラレーション・プログラム・アワード」)
本プログラムでは、応募されたビジネスアイデアを “ベネフィット”(課題解決のインパクト)と “プロフィット”(ビジネスとしての実現・持続可能性など)の2つの観点から評価し、2次選考を経て最終審査会に進出するファイナリストには、当社研究員が約1ヶ月間のメンタリングを実施します。また、10月に開催される国内最大の最先端テクノロジーの展示会「CEATEC JAPAN 2018」でのピッチイベントへの参加も予定しています。

併せて、本プログラムの趣旨をよりよくご理解いただくため、東京、大阪にて説明会を開催します(東京説明会:5/18、大阪説明会:5/11)。プログラムおよび説明会の詳細はビジネス・アクセラレーション・プログラム2018の特設サイト をご参照ください。 
社会課題解決を目指す、熱意あるビジネス案のご応募をお待ちしております。

本件に関するお問い合わせ先

内容に関する
お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
オープンイノベーションセンター 笠田、片山、永井
E-mail:incf@mri.co.jp

取材に関する
お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
広報部 吉澤、渋谷、角田
E-mail:media@mri.co.jp