第62回mifセミナー ビジネスによる社会課題解決

セミナーカテゴリー

2020.2.7

株式会社三菱総合研究所

第62回セミナーでは、初めに当社オープンイノベーションセンター 玉川絵里より「ビジネスによる社会課題解決 ~イノベーションによる解決が期待される社会課題~」を、次に、エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社 主任研究員 池田陽平より「機械学習を用いたmif分析 ~マーケティング活用編~」を講演いたします。また、新年度のmif会員サービス内容の変更についてご案内いたします。

開催概要

開催日
2020年2月20日(木)14:00~16:30(受付開始13:30)※終了しました
会場
株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 東急キャピトルタワー内 受付:地下1階)
アクセスマップ
主催
エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社
協力
株式会社三菱総合研究所

プログラム

14:0015:00

ビジネスによる社会課題解決 ~イノベーションによる解決が期待される社会課題~

株式会社三菱総合研究所 オープンイノベーションセンター 研究員 玉川絵里

SDGsへの注目が高まる中、社会課題解決を新事業の軸として取り入れる企業が増えてきています。こうしたなか INCF(未来共創イノベーションネットワーク)では、特に注目度の高い6分野について具体的な課題を明示するとともに、解決への糸口として先端的な技術の動向・実用化の見通し、規制改革の動きなどを整理しました。本セミナーでは、この結果をご紹介するとともに、関心の高まる社会課題解決型ビジネス創出のヒントを提供いたします。

15:0015:10

休憩

15:1015:50

機械学習を用いたmif分析 ~マーケティング活用編~

エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社 主任研究員 池田陽平

前回の第61回セミナーでは、機械学習の手法である決定木を用いてmifの2,000問の設問をまとめて分析することで、ライフスタイル間の意外な関係性や、新たなセグメントの発見が可能であることを紹介しました。今回は決定木とは何かをおさらいしつつ、前回皆さまからいただいたリクエストを中心に、新たに分析した事例をご紹介します。例えば「ガムをよく噛む人はどんな人?」や「家事代行を利用するのはどんな人?」についてmifと決定木で分析します。

15:5016:30

2020年度mifサービスのご案内

生活者市場予測システム(mif)事務局

生活者市場予測システム(mif)は、2020年4月に10年目を迎え大きく変わります!
昨今SDGsなどへの関心の高まりに代表されるように、「社会課題」や「政策」を意識した経営・事業が進展、活発化しています。こうしたお客さまのニーズ変化を踏まえた設問の変更点をご説明するとともに、2020年度のmifサービス内容をご案内いたします。

プログラムは予告なく、変更することがございます。

講師紹介

玉川絵里(たまがわ えり)

株式会社三菱総合研究所 オープンイノベーションセンター 研究員。
2012年三菱総合研究所入社。知的財産法、独占禁止法、標準化・規格、世界遺産登録等の業務に従事。
2017年からオープンイノベーションセンターにてビジネスによる社会課題解決に取り組み、2018年度版・2019年度版社会課題リストを編纂。6分野(ウェルネス、水・食料、エネルギー・環境、モビリティ、防災・インフラ、教育・人財育成)の社会課題解決型事業促進を目指す。

池田陽平(いけだ ようへい)

エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社 主任研究員。
専門はマーケティング、環境、エネルギー。
自身も環境・エネルギー分野の調査でmifを活用する傍ら、mifの新しい活用方法の開発を担当。
サステナビリティ事業部 環境・エネルギーチームリーダーを兼務。

申込要領

対象者
企業の企画、マーケティング、研究開発部門の方
定員
70名
参加費
無料 ※お申込みにはmif会員登録(無料も可)が必要です

お問い合わせ

生活者市場予測システム(mif)」事務局
エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社
〒100-6105 東京都千代田区永田町二丁目11番1号
データサイエンス事業部
Tel:03-6858-3477
E-mail:mif@mri.co.jp