メディア意見交換会経済・社会・研究開発

女性の時間意識、家族意識が変わる

ライフコース・マーケティングで「変化」を捉える
※本セミナーは報道関係者のみご参加いただけます

セミナーカテゴリー

2018.11.20

配布資料

資料の閲覧にはパスワードが必要です。
  • パスワードをご存じでない報道関係者は、以下よりご登録をお願いいたします。
  • ご登録後、パスワードをお知らせいたします。  

パスワード画面が表示されない場合は、右クリックして当ファイルをコンピューターに保存の上、ご覧ください。

開催日 2018年11月28日(水)11:30~12:30(開場 11:15)
会場 株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)

アクセスマップ

概要

働く女性の増加でライフコースの多様化が進み、女性の消費に対する意識や行動が大きく変わろうとしています。

弊社調査によれば、車、一眼レフカメラ、ビール、携帯電話ゲームなどの消費を引っ張っているのは、実は女性です。その一方で、化粧品やファッション、旅行への関心低下、女子会ブームの終焉、自分へのご褒美消費の消滅など、従来からの女性市場攻略のキーワードが通用しなくなってきました。 また女性消費の主役は、シングルからディンクスやワーキングマザーへとシフトしようとしています。

こうした女性ライフコースの視点から、弊社が保有する 生活者市場予測システム(mif) の、2011~2018年までの最新データを用い、女性の生活者意識や消費行動の実態を明らかにします。

ぜひともご参加いただきたく、ご案内いたします。

 

プログラム

11:3012:00

プレゼンテーション

営業本部 チーフプロデューサー 阿部淳一

  1. 年齢だけで女性市場を読み解く時代は終わった
  2. データでみる女性のライフコース変化
  3. "従来"の女性市場、オトコ市場が変わる
  4. 女性市場の"主役"が変わる
  5. 女性が変わると家族も変わる
  
12:0012:30

質疑応答

  

お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
広報部
TEL:03-6705-6000
E-mail:media@mri.co.jp