匠(たくみ)AIの導入

社会課題

近年のAI導入の成功事例はほとんどが「ビッグデータ」を前提としています。一方で、大量のデータを保有していないため、AIによる分類・識別・判断などで期待通りの精度が得られず、結果的にAIの導入が進まない現場もあります。

ソリューション

当社では「匠AI」という枠組みでAI導入の支援を行うためのプロトタイプの開発を行っています。匠AIは、大量のデータがない現場でも、熟練者(匠)の知識やノウハウを徹底的に取り込み、AIの精度を確保します。熟練者から知識を引き出すのは容易ではありませんが、さまざまな仮説に対して適切なデータ分析結果を示して熟練者の気づきを促す活動を繰り返し、専門的知識・ノウハウを形式知化しています。

提供価値

少子高齢化に伴う熟練者の引退や人手不足が発生している業界に対して、AI導入による業務効率化だけでなく、AI構築プロセスにおける「熟練者の知識・ノウハウの形式知化」を通じて熟練者の技術継承を支援し、課題解決に貢献します。
醸造匠AIの取り組み
醸造匠AIの取り組み

ビール製品の設計業務での匠AIの適用事例