DOING DIGITAL 伝統的銀行のリーダーから学ぶ組織変革

DOING DIGITAL 伝統的銀行のリーダーから学ぶ組織変革

英国の著名なFintechコンサルタントであるクリス・スキナー氏の最新刊“Doing Digital”の日本語版を出版しました。
ウィズコロナ/アフターコロナの時代に真のDXが必要とされる金融界において、さまざまな金融機関が変化に適応し生き残るために、自らをデジタル変革する革新的な動きをみせています。本書では、世界を代表する5つの伝統的な銀行、JPモルガン・チェース(米国)、DBS銀行(シンガポール)、BBVA(スペイン)、招商銀行(中国)、ING(オランダ)に対する詳細なインタビューと広範な解説を通じて、単に適応し生き残るだけではなく、いかにして、この大きな潮流の変化の中、さらなる発展を遂げるかを解説します。
本書で解説する観点は金融機関のみならず、レガシーから脱却し、デジタル変革を推し進めようとするすべての組織において、教訓、道標となる内容となっています。

目次

巻頭言
はじめに
銀行がデジタル変革を迫られる理由
変革を計画する
DBS銀行 ピユシュ・グプタCEOへのインタビュー
リーダーたちの教訓
デジタルトランスフォーメーションの真価とは
結論

 

詳細

著者
クリス・スキナー【著】 、三菱総合研究所【訳】 、河内善弘、市川智力丸聖史、中野啓太、稲葉翔一、山本新【訳者】
発売日
2020.9.28
発行
株式会社きんざい
ナレッジ・コラムに関するお問い合わせや、取材のお申し込み、
寄稿や講演の依頼などその他のお問い合わせにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。