メディア意見交換会

三菱総研が描く2050年エネルギービジョン

カーボンニュートラルの実現に向けて
※本セミナーは報道関係者のみご参加いただけます

セミナーカテゴリー

2020.11.18

株式会社三菱総合研究所

概要

2050年、日本のエネルギーシステムは現在と何が変わるのでしょうか。
再生可能エネルギーの主力電源化に限らず、少子高齢化への対応、エネルギーインフラ老朽化・自然災害への対策等、2050年までに日本のエネルギー産業・行政が解決すべき課題は山積しています。
三菱総合研究所では今般、2050年におけるエネルギーシステムの在り方を書籍として取りまとめました。将来の理想とすべきエネルギーシステムを考察した上で、未来の生活や地域とエネルギーとの関わり、新たなビジネスの可能性を描き、2050年エネルギーシステムに向けた課題解決への道筋を提示しています。

今回のメディア意見交換会では、この2050年エネルギービジョンについてお話しします。
また、菅総理の所信表明演説を踏まえ、2050年のカーボンニュートラルに向けた道筋もご紹介します。
ぜひともご参加いただきたく、ご案内いたします。

開催概要

開催日
2020年11月26日(木)11:30~12:30
会場
株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)
アクセスマップ

プログラム

11:3012:00

プレゼンテーション

サステナビリティ本部 脱炭素ソリューショングループ
グループリーダー/主任研究員 井上裕史
主任研究員 小川崇臣

  1. 臨時国会における菅総理所信表明演説
  2. 三菱総研が描く2050年エネルギービジョンの概要
  3. 2050年カーボンニュートラル実現に向けて
12:0012:30

意見交換

申込要領

対象者
報道関係者
※過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬をした方はご遠慮願います。
申込方法
以下のフォームから必要事項を記入してお申し込みください。
申込締切
2020年11月25日(水)17:00
※締切を過ぎてからのお申し込みはご遠慮願います。

クリックすると株式会社シャノンのMARKETING PLATFORMへ移動します。

お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
広報部
TEL:03-6705-6000
E-mail:media@mri.co.jp