ニュースリリース

総務省ICT健康モデル事業として、“すべての女性が輝くまちづくり”イベント@豊島区役所に協力

2015.11.9

株式会社三菱総合研究所
すべての女性が輝くまちづくり実行委員会

POINT

株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長 大森京太、東京都千代田区)は、11月14日に豊島区役所にて開催される “すべての女性が輝くまちづくり”イベントに対し、平成27年度「ICT健康モデル(予防)の確立に向けた退職時健康情報継続管理モデル等に関する実証(被扶養者健康増進支援モデル)」(注1)の一環として協力します。当日は、「おとな保健室」コーナーにて、美と健康に関するパネル展示を行います。
“すべての女性が輝くまちづくり”イベントは、豊島区在住・在勤の医師、弁護士など、国家資格を持つ “士業”“専門職”の女性有志が構成する「すべての女性が輝くまちづくり実行委員会」が主催し、豊島区が協賛するイベントです。

女性は、ライフステージによってさまざまな岐路に立たされますが、どのような環境で、どのような道を選択したとしても、イキイキと輝ける健康で充実した日々を過ごしたいと考えています。女性がイキイキと輝けるまちは、女性だけでなく、男性も、子どもも高齢者も、すべての人が輝けるまちになるはず。本イベントは、そんな社会を目指す仲間づくりの第1歩として開催されます。

当日は、イキイキと輝いている女性3名によるパネルディスカッションのほか、起業、職場復帰やDVなどについての専門家による無料相談や、筋肉量・骨密度チェック、子どもも参加できるものつくりワークショップ、ウオーキング講座などもあります。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

注1:総務省『ICT健康モデル(予防)の確立に向けた退職時健康情報継続管理モデル等に関する実証(被扶養者健康増進支援モデル)』事業 2015年9月から約半年間にわたり、特定健診受診率の低い被扶養者層に対して、健康サービスを「美」「食」「癒やし」など日常的に興味・関心の高いコンテンツに書き換えて個人に適した情報を配信するwebサイト「カラダ日和2015 」を提供するとともに、家族ぐるみで参加できる健康増進イベントを開催し、健康増進活動への参加、健診受診を促す方策を検証するものです。

お問い合わせ先

内容に関する
お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
総務省被扶養者モデル事務局 前田、小峰
E-mail:hifuyou@mri.co.jp

取材に関する
お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
広報部 担当:上岡、瀨戸口、井上、渋谷
E-mail:media@mri.co.jp

取材に関する
お問い合わせ

すべての女性が輝くまちづくり実行委員会
担当:磯部/弁護士法人パートナーズ法律事務所