【三菱総研セミナー】デイサービス収益改善セミナー

稼働率98%を実現する経営ソリューション

セミナーカテゴリー

2018.6.1

株式会社三菱総合研究所

開催日 2018年7月3日(火)14:30~16:30(開場14:00)※終了しました
会場 株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)

アクセスマップ
主催 株式会社三菱総合研究所
共催 株式会社Moff

概要

『自立支援を促す特徴あるサービスで差別化を』
介護報酬改定のトレンドから少しずつ見えてきた新たな介護ビジネスの展望です。
最先端のICTを活用することにも、多くのデイサービスが挑戦を始めています。
介護分野でのICT活用を国が後押ししていることもありますが、なによりも、ICTを介護の現場力とうまく融合させ、デイサービスの収益構造そのものを改善することが目標です。
本セミナーでは、株式会社Moffと当社が共同開発した「モフトレ」 を事例として、介護ビジネスの収益改善につなげる経営ソリューションを具体的な事例とともにご紹介します。
「モフトレ」の体験会も実施予定です。

プログラム

開会挨拶(14:30)
講演 「社会の変革と介護ビジネスの展望」
株式会社三菱総合研究所 ヘルスケア・ウェルネス事業本部長 吉池由美子
人生100年時代を見据えて、次世代のヘルスケア・システムに向けた取り組みが動き出しています。
ここで見過ごせないポイントは、ICTを活用した科学的介護によってどれだけ高齢者の自立支援を促せるか。本講演では、介護行政の専門家が、介護報酬改定のトレンドを読み解きながら、介護ビジネスの事業環境が変化していく行方を展望します。
講演 「年間平均稼働率98%、法改正後のデイサービス経営最新事例大公開」
株式会社 船井総合研究所 医療・介護・福祉・教育支援本部
地域包括ケア支援部 マーケティングコンサルタント 今村大樹 氏
変動期を迎える介護ビジネスで生き残るには、まず強固な収益基盤をつくることが先決です。
本講演では、ICTを単なる介護機器とみるのではなく、強固な収益構造を作り出すソリューションとしてどう活用するかを提案します。新たな投資がなくても介護サービスの成果をうまく見える化できればこれだけ稼働率も上がる。具体的な事例とともに経営改善の秘訣を解説します。
講演 「モフトレ:その機能とデイサービス経営へのインパクト」
株式会社Moff CFO 土田泰広 氏
自立支援を目指した”実感できる”介護予防プログラム「モフトレ」。
機能訓練加点、運動と成果の見える化、運動のモチベーションアップ。最先端のICTを活用したモフトレは、特徴あるデイサービスの経営に活かせるさまざまな可能性を備えています。本講演の後に、モフトレを実際に体感いただける体験会を実施予定。
閉会(16:30)

各講演の内容は多少変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

申込要領

対象者 デイサービスを経営されている方々
定員 50名
参加費 無料

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
セミナー事務局 (担当:成瀬、石田、田村、本田)
E-mail:seminar346@ml.mri.co.jp