宇宙開発の未来共創2019

宇宙、未来から日常へ
フロンティアビジネス研究会 公開シンポジウム

セミナーカテゴリー

2019.11.8

株式会社三菱総合研究所

月、月の近傍空間(Cis-Lunar 空間)、そして火星へと向かう宇宙開発は、中長期的に発展が見込まれる「未来」市場として、国内外での動きが活発になりつつあります。このような状況を受け、株式会社三菱総合研究所および株式会社ispace では、世界の潮流に遅れることなく、主導的な役割を担うことを目指して「フロンティアビジネス研究会」を立ち上げ、現在大手を含む約30社が参加しています。
フロンティアビジネス研究会のこれまでの活動成果と今後のビジョンを、民間企業や政府・研究機関関係者を含む幅広い方々に知っていただくため、公開シンポジウム「宇宙開発の未来共創2019 宇宙、未来から日常へ」を開催いたします。
宇宙関連の新規ビジネスにご関心のある企業様はぜひご参加ください。

開催概要

開催日
2019年12月18日(水) 13:30~18:00(開場13:00)
会場
住友不動産六本木グランドタワー36F ウイングアーク1st株式会社
(東京都港区六本木3-2-1)
アクセスマップ
主催
株式会社三菱総合研究所、株式会社ispace
協力(50音順)
株式会社OUTSENSE、蘆田暢人建築設計事務所、株式会社大林組、株式会社オスカープロモーション、KDDI株式会社、コニカミノルタ株式会社、シー・エス・ピー・ジャパン株式会社、清水建設株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社セック、大成建設株式会社、高砂熱学工業株式会社、千代田化工建設株式会社、電通宇宙ラボ、凸版印刷株式会社、西村あさひ法律事務所、日揮株式会社、三菱地所株式会社、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社、株式会社ユーグレナ、有人宇宙システム株式会社、横河電機株式会社、リアルテックファンド

プログラム

13:30

開会あいさつ

株式会社三菱総合研究所 羽生哲也

第1部 フロンティアビジネス研究会の活動と成果

13:3513:50

フロンティアビジネス研究会の活動成果とビジョン

株式会社三菱総合研究所 内田 敦

13:5014:10

講演:宇宙資源ビジネスの最新動向

株式会社ispace 袴田武史 氏

14:1015:25

パネルディスカッション1:2040年の月面生活とは

モデレータ:清水建設株式会社 金山秀樹 氏

パネリスト:フロンティアビジネス研究会 ワーキンググループ リーダー

フロンティアビジネス研究会では、WGを設置し活動を行っています。本パネルディスカッションでは各WG活動の成果を基に、2040年の月面の姿とそれに向けた今後の活動について議論します。

15:2515:45

休憩

第2部 月・Cis-lunarにおける宇宙資源ビジネス実現に向けて

15:4516:05

講演:宇宙資源ビジネスに関わる法制度の最新状況

西村あさひ法律事務所 水島 淳 氏

16:0517:50

パネルディスカッション2:宇宙資源ビジネスに必要なこととは?

モデレータ:株式会社ispace 佐藤将史 氏

パネリスト:フロンティアビジネス研究会メンバー

宇宙資源ビジネスの実現には、より多様なバックグラウンドを持った企業の参画が必要です。フロンティアビジネス研究会には多様なメンバーが参加しており、宇宙ビジネスへの関わり方もさまざまですが、各メンバーの経験を踏まえ、異業種の宇宙資源ビジネス参加事例の紹介と課題、そして解決に向けた期待について議論します。

総括

17:5018:00

まとめと今後の活動計画

株式会社三菱総合研究所

閉会

 

懇親会(会費制)

各講演・パネルディスカッションの内容は変更となることがございます。あらかじめご了承ください。

申込要領

対象者
宇宙関連ビジネスに興味をお持ちの企業の方々
定員
150名
参加費
シンポジウム:無料
懇親会:お一人あたり4000円
申込方法
以下のフォームから必要事項を記入してお申し込みください。
  • 定員に達し次第、申込終了とさせていただきます。
  • 申込状況により、ご参加のお断りや、1社からのご参加人数調整をお願いすることがあります。
参加証
お申し込みいただいた方には、開催の約1週間前にお申し込み時に登録されたメールアドレスに「参加証」をお送りします。印刷の上、当日会場へご持参ください。

クリックすると(株)シャノンのMARKETING PLATFORMへ移動します。

お問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
セミナー事務局  
担当:成瀬、石田、藤本、新井
E-mail:seminar450@ml.mri.co.jp