DX推進のカギとなる「デジタル人材育成」

DX推進のカギとなる「デジタル人材育成」

DXの推進を担う、多様な人材のスキル習得・育成を支援します

POINT

デジタル人材とは、DXの推進を担う、多様な人材の総称です。エンジニアやデータサイエンティストだけがデジタル人材ではありません。
DX推進に必要なスキルには、データサイエンスやエンジニアリングといった技術系スキルと、ビジネス系の「ビジネス・サービス設計」「組織・プロジェクト管理」のスキルがあります。
デジタル人材に求められるスキルは技術だけではない
デジタル人材の役割も一つではありません。役割によって、求められるスキルの濃淡・内訳が異なります。存在しないスーパーマンを探し続けるようなことがないように、自社が必要としている人材がどういった役割・スキルなのかを考えるところから始めましょう。
デジタル人材の4類型
デジタル人材の4類型
出所:三菱総合研究所

なぜOJT中心なのか

座学だけでは、デジタル人材に求められるスキルの全ては身に付きません。
基本的なビジネススキルや体系的知識などの認知的スキルは座学で習得可能ですが、実行力、課題発見力、働きかけ力、企画力などの非認知的スキルは、OJT(On-the-Job Training)の方が効果的です。
また、育成対象者本人が直面していない問題は、本人に“刺さらない”ため、OJTで日々の業務の困りごとを解決しながらスキル習得した方が、定着もしやすいです。 

サービスの特徴

1. DX推進しながら、人材育成も

当社のコンサルタントがDXの推進を統括する立場や、PoCなど個別プロジェクトの遂行メンバーとして参画し、DX推進を支援しながらOJTのメンターを行います。
当社には事業会社での実務経験を有するコンサルタントが多数在籍しており、DXの現場の泥臭いお悩みや派生的な課題にも対応いたします。

2. OJTシートでトレーニングを伴走支援

デジタル人材に求められるスキルセットに応じ、備えるべきスキルを一覧化した「OJTシート」を提供します。求めるスキルセットに合わせてOJTシートをカスタマイズして、当社コンサルタントがOJT(具体的には、目標設定、取組指導、達成評価等)を支援します。
標準的には半年単位を1サイクルとして、面談でのOJTシート記入・計画策定から、日々の業務のサポート、振り返り面談までを行います。

3. 充実した座学研修コンテンツを保有

対象者のバックグラウンドによっては、基礎的なスキル習得のための座学研修も同時に実施します。当社は充実した研修コンテンツを保有しており、実務経験豊富な当社社員が研修を実施します。また、提携企業の提供する研修コンテンツの紹介や、既存コンテンツ活用を前提とした再構成にも柔軟に対応可能です。

デジタル人材育成に関するお問い合わせ

本サービスの詳細についてご興味のある方は、下記よりご連絡ください。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション