三菱総研グループのDX事業コンセプト

リーフレットダウンロード

MRIグループDX事業コンセプトのご紹介

DXに係る戦略立案から制度・組織・実装までを一貫してご提供します

POINT

激変する経済・市場環境への対応として、企業経営におけるDXへの期待は高まるばかりです。その一方で、グローバルサプライチェーンの寸断、紙文化が根強いビジネスプロセスの破綻、環境変化に対応するスピードの欠如、データをうまく活用しきれない現場、デジタル化に振向ける余力が創出できないIT投資の現状などから、DX化を阻害する要因も浮き彫りになりました。

複雑に入り組んださまざまな課題の解決に向け、現場の理解を得ながらDXを実行するには、幅広い分野における知見と内外のステークホルダーとの連携が不可欠です。

当社グループは、シンクタンクで培った知見・ノウハウと、グループ各社の技術力を融合し、DXに係る戦略立案、コンサルテーションから制度・組織・DXの実装までを一貫してご提供します。
当社グループが目指す姿
 
当社グループが目指す姿
出所:三菱総合研究所

三菱総研グループのDX事業コンセプト(動画)

※音量にご注意ください。

DX事業の重点方針

社会課題を起点とした取り組み「社会課題解決型DX」

シンクタンクで培った社会経済動向の知見に基づき、エネルギー、ヘルスケア、地域等における社会課題を起点とした社会変革をDXにより実現します。

ニューノーマル対応

ポストコロナ期におけるデジタルシフト+リアルとの融合を図る働き方改革とDXの方向性を示し、個人・組織の行動様式の変革を支援します。

電力DX

レジリエンスの強化、系統全体の需給安定化、再生可能エネルギーの大量導入、脱炭素化、システム全体の効率化、需要家利益の向上等を図るDXを推進します。

自治体DX(Region-Tech構想)

生活ニーズの多様化、職員減少による地域の行政サービス上の課題に、AIを活用した行政の自動化で、住民に寄り添った地域の持続的成長を実現します。

イノベーションのジレンマからの脱却

1)「守り」から「攻め」への投資チェンジ

多くの企業がレガシーシステムの維持に多大なコスト(守りの投資)を要しています。
実態を可視化しレガシーのDXを通して新たな挑戦(攻めの投資)を強化します。

2)データ駆動経営

サイロ化しベンダーロックインされたDB群がデータ活用を阻害しています。
多様なニーズに応えるBDAソリューションとデータ活用技術を通しデータ駆動型経営を実現します。

※Big Data Analytics

3)DXジャーニー

今後拡大すると予想されるハイブリッド・クラウド環境構築を簡易・廉価に実現するソリューションによりお客さまのクラウド移行を円滑に実現します。

サービス紹介リーフレット

三菱総研グループのDX事業に関するお問い合わせ

本サービスの詳細についてご興味のある方は、下記よりご連絡ください。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション