エコノミックインサイト

MRIデイリー・エコノミック・ポイント米国

米国:雇用統計(2024年5月) ─ 移民増で労働需給は緩和も、最低賃金引上げが賃金抑制を困難に

タグから探す

2024.6.13

政策・経済センター淺井優汰

POINT

  • 5月の非農業部門雇用者数は前月差+27.2万人と堅調に推移。
  • もっとも、移民急増の影響を除くと、雇用の伸びは前月差+11万人程度と、19年平均(同+17万人)を下回る。
  • 労働需給逼迫は緩和を続けるが、最低賃金が引き上げられた州で平均時給上昇率は再加速しており、賃金抑制には時間を要する。