エコノミックインサイト

MRIエコノミックレビュー経済・社会・研究開発地域創生

訪日外国人数はどこまで伸びるのか

タグから探す

2016.2.18

政策・経済研究センター森重彰浩

経済・社会・研究開発

POINT

  • 近年の訪日外国人数の急増の背景には、アジアを中心とする「日本選択率」の上昇がある
  • 世界の観光市場からみれば、日本の存在感は未だ小さく、「観光立国」には程遠い状況
  • 観光地としての「引力」を高めることができれば、20年に5,000万人越えの可能性も  

目次

(1) はじめに

15年の訪日外国人数は延べ1,974万人に

(2) 近年の訪日外国人数増加の背景

近隣アジア諸国からの観光客が急増、リピーターも順調に拡大
「日本選択率」の上昇が訪日外国人急増の背景に

(3)国際観光市場のなかでの日本

世界の観光市場における日本の存在感は未だ小さい

(4) 訪日外国人数はどこまで伸びるか

訪日外国人数は20年に3,800万人に
観光地としての「引力」を欧米並みに引き上げれば、20年に5,000万人超えも可能

(5) 観光立国の実現に向けて

訪日外国人の「不便」解消がリピーターの増加に寄与
帰国後も需要をつなぎとめる仕掛けが必要
“未”来訪者に対する日本の「引力」を高めるために