エコノミックインサイト

MRIエコノミックレビュー経済・社会・研究開発

中国でバブルが崩壊した場合の民間銀行へのインパクト

新型肺炎の拡大が契機となる可能性

タグから探す

2020.3.3

政策・経済研究センター猪瀬淳也

経済・社会・研究開発

POINT

  • 新型肺炎が蔓延する中、中小企業を中心に倒産リスクが拡大し信用不安の懸念が高まる
  • 中国でバブルが崩壊した場合には、バブル崩壊による民間銀行へのインパクトは日本の1.4倍
  • 中国の政策余地はリーマンショック時よりも狭まっており、警戒が必要

目次

1. 新型肺炎が中国経済に及ぼしうる最悪なインパクト

2. 中国で増加する民間債務

3. 中国における借り手と貸し手

(1) 借り手の主役は国有企業
(2) 中国では民間銀行による貸し出しが多くを占める

4. バブル崩壊による民間銀行へのインパクト

(1) 日本の不良債権処理
(2) 中国でバブル崩壊が発生した場合の民間銀行へのインパクト

5. 中国政府の政策余地はより限定的に

6. まとめ