エコノミックインサイト

内外経済見通し

ウィズコロナ下での世界・日本経済の展望|2020年11月

2020~2021年度の内外経済見通し

タグから探す

2020.11.17

株式会社三菱総合研究所

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を踏まえ、経済対策提言や世界・日本経済の見通しを随時発表してまいりました。今回は11月半ばまでの世界経済・政治の状況、および2020年7-9月期GDP速報の公表を踏まえ、世界・日本経済見通しの最新版を公表いたします。

世界経済

米国の大統領選では、民主党のバイデン候補が選挙人の過半数を獲得した。バイデン政権が誕生すれば、①新型コロナ感染症対策と経済再生、②大統領選を通じてあらわになった米国内の深刻な分断への対応、③経済再生の柱としての気候変動対策、が重点的に進められる方針だ。外交政策では、欧州など同盟国との関係修復とともに、対中国ではアプローチは変化しつつも強硬路線の継続が見込まれる。
 
世界経済は4-6月の大幅な落ち込みから持ち直しの動きをみせている。7-9月期の回復は、全体としては前回8月見通し時点の予測を上回るペースだが、回復のばらつきが鮮明化してきた。国レベルでは、中国が既にコロナ前のGDP水準を回復した一方で、感染拡大が高水準で続く欧米のGDPはコロナ前の水準を依然下回っている。業況や雇用・所得環境をみても、特定の層に影響が偏在している。
 
10-12月期以降は、世界経済の持ち直しペースが鈍化するだろう。欧米を中心とする感染拡大の加速に加え、雇用・所得環境の悪化や債務返済負担の増加が景気回復の重しとなるためだ。
 
今後の感染拡大ペースやワクチン/治療薬の普及時期等が不透明なことから、世界経済・日本経済の見通しは、3つのシナリオで提示する(シナリオの詳細は総論P.8参照)。引き続き先行きの不確実性は高く、世界経済の見通しは幅をもってみる必要がある。

①最も蓋然性が高いシナリオ:中国以外の国々では、21年春以降も感染拡大が継続し、感染リスクの高い地域や活動への重点規制と緩和を繰り返しながら、22年にかけて一定の防疫措置を継続。特に、高水準での感染拡大が続く欧州や米国では、季節的に感染リスクが高まる冬場を中心に、7-9月期に比べて経済活動の抑制度を再強化。
— 20年の世界経済成長率は前年比▲3.0%、21年は同+4.1%
— 世界の実質GDPが、コロナ前(19年末)の水準を回復するのは21年後半
②下振れシナリオ:上記①による経済活動の抑制では感染拡大ペースの加速や重症者比率の上昇を回避できず、経済活動の抑制度を恒常的に強めざるを得なくなる。欧州の一部で実施されている時限的な再ロックダウンの範囲が他国にも拡大/長期化し、再び強い経済活動抑制に逆戻りする。
— 20年の世界経済成長率は前年比▲3.2%、21年は同+2.6%
— 世界の実質GDPがコロナ前の水準を回復するのは22年前半に後ずれ
③上振れシナリオ:新型コロナ感染者の重症化を防ぐ治療法の確立、ワクチンや特効薬の一般普及により、重症化・死亡リスクが低下する。21 年半ば以降、先進国を中心に経済活動への制約がより緩和され、22 年以降にかけて徐々に平常化に向かう。
— 20年の世界経済成長率は前年比▲3.0%、21年は同+4.5%
— 世界の実質GDPがコロナ前の水準を回復するのは21年後半
 
感染拡大の影響以外にも、注意すべき下振れリスクが3つある。第一に金融市場・不動産市場の調整である。大規模な金融緩和により、株価や不動産価格には一部で過熱感がみられる。過剰流動性がもたらした資産価格の歪みには注意が必要だ。第二に債務拡大による中長期的な成長停滞である。コロナ危機下で流動性リスクを抑え込んだ代償として債務は大幅に拡大した。今後、債務返済負担が重しとなり投資が停滞すれば、中長期的な成長力を損なう可能性がある。第三に米中の選択的デカップリングの強まりである。米新政権でも対中圧力の中身は変化しつつも強硬姿勢は変わらないとみられ、貿易や投資の米中デカップリングが進めば世界経済の下振れ要因となる。

日本経済

日本経済は、4-5月を底に持ち直しの動きがみられる。Go Toキャンペーンなど政策面での後押しもあり、防疫措置を講じつつも経済活動が再開している。雇用・所得環境も最悪期は脱したとみられるが、先行きの不透明感は強い。これまでは雇用調整助成金などの支援策もあり失業の急増は回避されてきたが、今後は雇用調整圧力が強まる可能性がある。21年度にかけて消費下支え策の段階的縮小が予想されるなか、雇用・所得環境の回復の足取りは極めて鈍いものとなろう。設備投資も業績悪化や先行きの不透明感を背景に慎重化が予想される。

20年度の実質GDP成長率は、前年比▲5%台半ばの大幅なマイナス成長を予測する。21年度は、シナリオ①で同+3%台前半の回復を見込むが、コロナ前の水準を回復するのは23年以降となろう。

米国経済

米国経済は、4月末以降に持ち直しの動きを続けてきたが、今後は回復ペースの鈍化が予想される。新型コロナの感染拡大が継続しているほか、既往の各種経済対策の段階的な縮小が背景にある。また、バイデン新政権が誕生すれば、課税強化や再生可能エネルギーの推進など大幅な政策転換が予想されるが、上院では共和党が多数党を維持する「ねじれ」状態に陥る可能性が高いとみられ、その場合、公約通りの政策は実現が困難だろう。

20年の実質GDP成長率は、前年比▲3%台半ばのマイナス成長を予測する。21年は、シナリオ①の下で同+2%台半ばの回復を見込むが、コロナ前の水準を回復するのは22年後半となろう。

欧州経済

欧州経済は、7-9月期は前期比+10%を超える大幅なリバウンドとなったが、10-12月期は一転して小幅マイナスに転じる見込み。10月に入り各国の感染拡大ペースが一段と加速しており、複数の国・地域が再ロックダウンに踏み切った。政府の支援策によりこれまでは解雇よりも労働時間の調整が先行してきたが、今後は雇用削減の動きが進む可能性がある。欧州5カ国の20年の実質GDP成長率は、前年比▲9%程度を予測する。21年はシナリオ①の下で同+4%台半ばの回復を予想するも、コロナ前の水準を回復するのは23年以降となる見込み。

中国経済

中国の国内感染はほぼ終息しており、7-9月期は前年比+4.9%と成長が加速、世界に先駆けてコロナ前のGDP水準を既に回復している。ただし、4-6月期と同様、政策の後押しによる投資増加の影響が大きく、消費の回復ペースは鈍い。政府による投資増加が、非効率分野での過剰投資につながれば、コロナ前からの不良債権問題をさらに悪化させかねない。不動産市場をはじめ過剰投資への対応が今後の中国経済の重しとなる。20年の実質GDP成長率は、前年比+2%程度とマイナス成長は回避すると予想する。21年はシナリオ①の下で同+8%程度の成長を予想する。

新興国経済

その他の新興国・途上国では感染が総じて拡大傾向にある。先進国に比べて医療体制や衛生状態に課題が多く、一部業種での事業所封鎖指示など経済活動への一定の制約は長期化する見込み。国際金融市場における新興国からの資金流出圧力は、6月以降は落ち着いているものの、感染拡大などにより新興国の成長が一段と下振れれば、資金流出圧力が再び強まるだろう。新興国経済の成長率は、内外需の下振れを背景に、軒並み世界金融危機時を超える落ち込みを予想する。

お問い合わせ先

内容に関する
お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
政策・経済センター
Tel:03-6858-2717
E-mail:macro-ml@mri.co.jp

報道機関からの
お問い合わせ

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
広報部
Tel:03-6705-6000
E-mail:media@mri.co.jp