金融DX

リーフレットダウンロード

金融DX

金融DXによる社会全体の「持続可能性の強化」と「成長の実現」の両立に向け、金融産業における多様な課題を包括的に支援します

POINT

コロナ禍を背景にさまざまなグローバルトレンドが加速する中、企業に求められる価値は多様化しています。
個人のライフスタイルは一変し、デジタル化の急速な進展や非接触チャネルへの急速なシフトが起こるとともに「顧客体験」がより重視されるようになりました。
企業はROEを始めとした収益性の改善を市場から求められるとともに、顧客や取引先、社員、さらには地球環境など、多様なステークホルダーに配慮した経営が求められています。
 
こうした変化は金融にも影響しています。行政との関係では、急速に進展したデジタル化を背景として、金融規制監督のデジタル化が進展しつつあります。
また金融機関自身は、経営やオペレーションを効率化・高度化するためのDX戦略の推進といった内部改革に加え、顧客体験の高度化、デジタル化の進展とそれにともなうチャネル戦略の練り直しなど、さまざまな経営・事業課題への対応が求められています。さらに、ESG投資をはじめとした新たな社会的責任の順守や地方経済再生といったより複雑な社会課題への貢献も必要となっています。
 
当社は、金融実務の理解、データ解析力、システム構築の経験、AIやクラウドなどの最新のテクノロジーの理解を背景に、金融機関を取り巻く課題を解決するためのDXの実装を幅広く支援いたします。
金融DXによる社会全体の「持続可能性の強化」と「成長の実現」
出所:三菱総合研究所

サービスの特徴

金融行政の変革:規制のデジタル化と新たな金融産業育成に向けた支援

近年、金融規制の強化は世界的な流れになっていますが、その背景にはRegTechやSupTechに代表されるような、規制の高度化を実現するための技術的な進展があります。規制対応によるコスト上昇は避けられない環境にありますが、規制対応をコストとしてのみ捉えるのではなく、金融機関の経営高度化につなげるための支援をいたします。

金融機関運営の変革:DXによる生産性向上に向けた支援

続く低金利やコロナ禍を始め、金融機関を取り巻く経営環境の厳しさが増すなか、金融機関の生産性を向上させることは急務です。金融機関の業務全体を俯瞰し「人が対応するまでもない業務」のデジタル化を推進し、確実なコスト削減を通じて「人が対応するべき付加価値の高い業務」にリソースを集中することでDXによる業務変革と、生産性向上の支援をいたします。

金融機関の価値の変革:DXによる高付加価値化に向けた支援

さまざまな競合が他産業から流入するなか、金融機関が提供する価値を改めて捉え直すことの重要性が増しています。一連の規制緩和により銀行が担える業務の範囲は広がりましたが、実際にどういった業務を担うべきかは、各々の金融機関が顧客に対してどういった価値を提供したいかによって規定されます。
例えば一部の地方銀行では地場商社との協業が進んでいますが、これは地域創生をより現場に近いところで支援する取り組みです。
また多くの銀行ではコロナ禍を踏まえたデジタルへのチャネルシフトを進めていますが、デジタルシフトもしくはデジタルとリアルの融合(OMO)の価値を真に発揮するためには、顧客体験をどのように高度化するかを踏まえたデジタルマーケティング戦略の構築が不可欠です。
顧客起点の高付加価値化に加えて、気候変動リスクなどの新たな論点を組み入れた社会課題起点の高付加価値化など、金融機関ごとの高付加価値化の方向性を伴走型でコンサルティングいたします。

実績のご紹介

省庁

  • 金融デジタライゼーションに関する調査(RegTech/SupTech)
  • 金融庁モニタリングの実施状況に関するコンサルティング 等

金融機関

  • DX戦略、デジタルマーケティング戦略策定支援
  • 中計策定、経営統合支援コンサルティング
  • BPR、コストマネジメント支援コンサルティング
  • バーゼル規制対応、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策支援
  • 融資審査モデルの構築、モニタリング支援 
  • 住宅ローン・データコンソーシアム 
  • AI関連サービス(リテールAI・審査AIサービス、法人トランザクションレンディング)
  • 市場系システム(フロント・ミドル・バック)の開発・保守運用支援
  • クラウドBDA(ビッグデータ解析)の環境構築支援

金融DXに関するお問い合わせ

本サービスの詳細についてご興味のある方は、下記よりご連絡ください。 担当者よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

タグから探す

よく検索されているキーワード :
サービス・ソリューションに関するお問い合わせや、
取材のお申し込み、寄稿や講演の依頼などにつきましても
フォームよりお問い合わせいただけます。

トレンドのサービス・ソリューション